上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
赤坂ACTシアターでやっている赤坂大歌舞伎の昼の部に行ってきました。




歌舞伎は高校生の時、学校で行ったことがあります。
歌舞伎座ではなく、国立劇場だったと思いますが、その時予想以上に面白くて「また行ってみたい」と思っていたのですが、いかんせん歌舞伎って敷居がなんか高かったんですよね。
1部とか2部とか分かれていて、通しでいくべきなのか、どこかの部だけでいいのかわからなし、どれを選んだらいいのかも難しい。値段もけっこうするじゃないですか。
最近は、息子達が学校で連れて行ってもらっていて、いいなあなんて思っていたんです。

で、今回それこそ6月末だったか、7月はじめだったかに新聞で見つけて、これだったら、初心者向けにいいのかもって思って早速チケットをとった次第です。
面白かったし、きっと私のようなド初心者むけに考えられていたのかなあって思います。

演目は、「人情噺文七元結」と「鷺娘」

ACTシアターのHP上に以下のようにありましたが、まさにその通り!

今回の作品は、三遊亭円朝による落語を原作とした、笑いあり、涙ありの傑作人情喜劇『人情噺文七元結』と、娘の姿をした鷺の化身が恋の苦悩を踊りで表現する歌舞伎舞踊『鷺娘』が登場。 伝統芸能としての歌舞伎を継承しつつ、現代、そして世界に通じる舞台を繰り広げている中村勘三郎が、笑って泣いて、ほろりと心にしみいる演目で、観客を魅了します。 観て楽しい、聞いて楽しい。 歌舞伎がはじめてという方でもわかる! それが赤坂大歌舞伎です。

赤坂ACTシアター「赤坂大歌舞伎」HP


お出になっているのは、
「人情噺文七元結」の方は
左官長兵衛   中村勘三郎
女房お兼    中村扇雀
手代文七    中村勘太郎
お久      中村芝のぶ
角海老娘分お光 中村鶴松
鳶頭伊兵衛   片岡亀蔵
和泉屋清兵衛  坂東彌十郎
角海老女房お駒 片岡秀太郎

そして「鷺娘」は 中村七之助

私は歌舞伎界は全く詳しくないので名前をみても、「ああ」とはならないところが悲しいところですが、
勘三郎さんはさすがに勘九郎時代からお見かけすることが多いし、勘太郎、七之助の息子さん達もテレビで見る機会は多いですよね。
っていうか、嵐ファンにとっては、七之助さんは潤くんの親友っていうのが一番わかりやすい?
(さすがに、ドラマの時期だから、見に来ていることはないだろうとは思いましたが、ひょっとして、お花とかあるかなあと思ってざっと見てみましたが、私がみる範囲ではなかったですね)

まあ、話をもどして、初心者としての王道で、ちゃーんとイヤホンガイドも借りてみました。

面白かったです。
次回、このくらいのわかりやすさのものなら、イヤホンガイドだっていらないくらいかも。
落語から題材をとったという今回の話だからということもあると思うんですが、笑わせる部分あり、みせる部分ありで楽しめます。
勘三郎さん、扇雀さんのかけあいは、本当にみごたえがあって笑えて、あと娘役の中村芝のぶさん、本当に女の人なんじゃないかと思うほど。きれいで可憐な感じがよくでている。
そして、最後の場でのオチと大団円も、みていてあーよかったっていう何か気持ちの良い予定調和で。
全体に、歌舞伎が何かすごく遠いものではなく、江戸時代は本当に庶民の楽しみだったということが良くわかる気がしました。
時間的にも全部で4場で全体で1時間ちょっとだったので、本当に初心者の入門編としてちょうどよかったのかも。

途中、ごひいき筋さんの「中村屋!」とか「成駒屋!」というかけごえも、気分ですよね。

そのあと、休憩をはさんで、七之助さんの「鷺娘」
踊りです。
これは、踊りもさることながら、白無垢から、次々と舞台上での衣裳の早替えがすごいし、またとってもきれい。
私は自分自身が日本舞踊とは無縁の生活を送ってきたので、踊りをちゃんと生で見るのははじめてだったんですが、「こういうものなんだ」っていうのが率直な感想。いわゆるDANCEっていうものとは全然違うのは当たり前だし、日本舞踊もきっといろいろあるんでしょうけれど、踊りというより、舞い?動き? 物語性をより感じます。(超初心者の感想よね)
しかし、それににしても、女形の人って、そんじょそこらの女の人よりもよっぽどきれいな動きで、女としてのある種の理想形がそこにあるっていう感じですね。


とまあ、いろいろと新鮮な経験でした。
江戸風の出店とかもでていました。

帰り、ふらーっとTBSの中に入って、もう一度嵐ちゃんのマネキン服を遠目で眺めてまいりました。
投票の列は相変わらず並んでいて、大混雑でしたね。
関連記事
スポンサーサイト
2010.07.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/931-60a9d6e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。