FC2ブログ
「夏の恋は虹色に輝く」第5話です。

いよいよ、ラブモードに突入するっていう潤くんのお言葉がありましたけど、
昨日は潤くん見ているだけで、充分満足したわ。

ランニング中電話がかかってくる場面。
「ごめんね、用はそれだけ」
「それだけ?」
もう、電話かかってきた時からですけれど、大雅くん(松本潤)の表情みているだけでごちそうさまだわ。
優しいんだよね。そして・・・、女はずるいよね。
あんなふうに電話かかってきたら・・・・。
まあ、詩織さん(竹内結子)もゆれてるのよね、あの大雅くんにあんなにストレートに好意を示されているだけでもグラグラ来ない女子がいる方が不思議なくらいなのに、海ちゃんっていう自分にとって一番大切なものも含めて受け入れてくれているんだから。
もう、自分は亡くなった旦那さんの思い出を胸に、しっかり海ちゃんを育てる!恋からは距離を置く!って思っていても、ゆれてきてるよね。
そして、
「北村さんはいいお母さんで、いい大人なんだろうけれど、たまには辛い時は誰かに甘えても・・」
「今とっても幸せそうだよ」って現状を肯定してくれた上で(ここ大事なポイントです)、そんなこと言われたら、いくら自分の心の壁を硬く硬くして自分一人で立っているんだって決心していても、優しい胸で泣きたくなっちゃうよね。

そして。次のパンチはさくらちゃん(桐谷美玲)とのセリフ練習の場面。
初めは、マニュアルにのっとったお芝居!?でも下手くそって言われて、ありのままでやったら・・・
「好きだ」
お芝居のせりふにすぎないって思っていても、さくらちゃんじゃなくたって、平常心保つの難しいよね。
もう、見ているこっちも、ドキドキでした。
これでもうさくらちゃんにとっても、大雅くんが単なる気になる存在以上になって、そしてさくらちゃんを通してのいろいろな経験がまた、大雅を役者として大きくていくのよね。
(現に付き人の経験やさくらちゃんの役者としての態度に接したことも、今回「どんな仕事でもやりたいんです」と大雅に言わせた一因だし)

そして、最後の締めはバスターミナルの場面。
「うそみたい。そんなこと言うために、走ってきたの?」
「そうだよ」
あの表情、あの表情ですよ!!
それも照れもせずに、ストレートに「そうだよ」って言われたら・・・・。
あんな目で見つめられて、まともに目なんか見返せないよね。
もう、走って走ってな大雅から、詩織さんと向かい合って
そして「帰ってくるんだよね」っていう大雅まで。一連ずっとリピートです。

もう今週はね、思いっきり大雅くんこと潤くんの表情、声にドキドキバクバク振り回されて、それだけで幸せな1時間でした。

ストーリーはね、お兄ちゃん気の毒だったなとか、彼はあんな勝手な思い込みで進んでいたのに、あんなふうに失恋をかみしめながら泣くもの??そんなにも真剣だったの?とか・・・、
いくらかわいがってくれているとはいえ、死んだ旦那さんの実家からよばれるのもいいような悪いようなだなとか・・まあいろいろ思いましたが・・・そんなことは、この際どうでもいいです。
詩織さん、福岡に行って、心の整理しておいでね。

そして、来週はキスしちゃう??!!
あ~  たのしみ!!


夏の恋は虹色に輝く #1 * #2 * #3 * #4
関連記事
スポンサーサイト



2010.08.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/968-6996308f