FC2ブログ
今期のドラマ、一通り一巡したかなという感じですか・・・。

もちろん、三毛猫と、鍵べやは必見

その他についてです。

「37歳で医師になった僕」火10 フジ
草なぎくん、主演ドラマ
1話目みました。2話目は録画はしてあるけど、まだ見ていない。
悪くはないけど、まだよくわかんないなぁ。
でも草なぎくんドラマって、はじめはどうかなって思っても最終的に見ちゃうものが多いのよね・・・


「リーガル・ハイ」火9 フジ
堺雅人さん&新垣結衣ちゃん
堺さんのキャラが立っていて、ガッキーが可愛くて、面白くみれそう。
たぶん継続

「カエルの王女様」木10 フジ
ストーリー云々よりも、ああいうかっこいい天海祐希さんがみれて、毎回歌って(踊る?)天海さんが見たくて、見ちゃいそうな感じ。先週は、和田アキ子さんでしたが、今週はまだみてないけど、松田聖子さんかな。
ステージの上の天海さんはかっこいいです!!
 

「パパドル」木9 TBS
錦戸くんとエイトが実名ででるドラマ
今日は、山がでるしちゃんと録画しました。
山の場面は嵐ちゃん楽屋で、なんか自然でありがとうな場面でしたが。

エイターの皆様 これは、嬉しいドラマなのでしょうか?(エイトのメンバーがみんなでるし、素な感じがみれるから美味しいドラマなのかな・・・?よくわからない)

小ネタが妙にリアルネタを放り込んできて
結婚は事務所に事前報告しろとかw
ファンがジャニショの黄色い袋もっていたり
ジュリーさん??を彷彿としていいのかわからいけどなチーフマネージャーとか
いかにも海賊版な翔くんのブロマイドとか
サイン禁止、写真禁止をみこしての、サイン頂戴、写メとるだったり

どういう楽しみ方をするのが正解なのかが、若干ビミョーな気もしています。

面白いところは面白いんだけどね。

っていうか、ジャニファンじゃない人は、これをどうみているんだろう。

堤監督は登場しちゃうし、完全にエイトレンジャーの番宣も兼ねてるの??

ちょっと、一体どこに着地するのかは見届けたい気もするけれど。
 
しかし、事務所はエイトをどういうふうにもっていこうとしているのかなぁとか、いろんなことを考えちゃいました。


ATARU 日9 TBS
見る気満々だったんですが、録画し損ねて、前半30分くらい経ってから気づいてとり始めた。
まだみていないんですけれど、とりあえず2話めからは見ようと思っています。


結構、今期、みたいのが多いので、どれがちゃんと継続しそうかな・・・・
(それにしても、今回ジャニーズ多いね。主演だけでも、嵐が智くんとあーばさん2人、スマも草ぎくんと中居くん、エイトから錦戸くん、2番手、3番手まで含めるともっといますね)















2012.04.20 / Top↑
ようやく、第3夜も見終わりました。

第1夜に引き続き、第2、3夜も見ごたえがありました。


第2夜
1980年が舞台、私としては自分自身の中学生時代に一番重なりました。
私のいた学校は、荒れてはいなかったけれど、ちょっとかっこつけたい子達はみんな革の学生カバンをペチャンコにつぶして、ちょっと突っ張りたい子達はスカート長くしたり、男の子はああいう髪型にしたりありましたね。
そして、学校一の不良と有名だった先輩がシンナーやってるんじゃないなんて噂が流れたり・・・
(実際はどうだったのかは知りませんが、シンナーやってるとかいうのが、一番危ないことっていう感じでささやかれていた)
私の住んでいた区は地域差が結構あるところで、いわゆる真面目なおとなしい学校と怖い学校の差があるところだったから区内でも1.2位を争うくらい真面目な学校だったうちの学校でさえあの程度だったから、そうでないところは結構色々あったんだと思います。

まぁ長い前置きはこの程度にして、
体罰ってなんなんだろうなって改めて思います。
でも1つ言えることは、体罰をするっていうことはされる方以上にする方がその苦しみや責めを負うくらいでないとやってはいけないのかな、逆にいえばそのくらいの覚悟をもって臨んで伝えるということなのかなと。

そして、警察にたんに委ねるのではなく、最後まで関わっていくんだという気持ちが伝わるのかどうかそこが大きいですよね。
それは、生徒でも実の子でも同じで、子どもってあなたがどうであれ、切り捨てることはなくずっとあなたに関わり続けるよっていうことがちゃんと伝わるかどうかが大きいなって思いました。

このことは、第3夜のテーマにも繋がっている。

大宮@神木隆之介が、ああなってしまった一番の原因はちゃんと向かい合ってくれる大人の不在にある。
そして、現代はストレートに向かい合うことが、第2夜の30年前以上に困難な時代になっていることを改めて実感。
情報ばかりが流れ、身体レベルで向かい合うことが難しい。
大宮の「だっこして」という言葉。
一見すると唐突なようにも思うけど、ホントは子どもってもっと小さい頃にたくさん抱っこしなきゃいけないんだよね。
そこが満たされて次の段階にいける。
そこが欠落している子達は、勉強と同様小さい頃に得るべきであったそういうボディタッチをやり直すことってとっても重要なんだと思うので、私はホントに心を開いたんだなと感じられる一言でした。

2夜の志田未来ちゃんのつっぱり、これ誰だかホントにわからないくらいスゴイ変貌ぶり。
そして、3夜、神木くんもよかったけれど、松下さんよかった。
あと、育児放棄の母@戸田恵子この人上手いよね。
シゲの先生ぶりもすごく自然に見えてよかったです。

重い話題で、なかなか3夜通しで見ることは大変だと思ったけれど、翔くんにつられて3夜しっかりみれて
とてもよい内容だったのでよかったです。











2012.04.09 / Top↑
もう、いろいろありすぎて、どんどん書く旬を失っている今日この頃。

この話題も1週間以上前に書いてしまいたかったものだけど。
4月に入ってすっかり、SP、そして春ドラマに頭は切り替わりつつあるので、とりあえず自分記録を。

ちなみに書きたいもので、順番待ちは
HとMOREと5人の決起集会とラキセの感想、SPECのSPの感想・・・・行けるのか

今週はいよいよブラボだっていうのにね。



というわけで、さくっと自分記録です。

冬クール、全部通してみたのは、

「ラッキーセブン」
「ストロベリーナイト」
「理想の息子」

結果この3本

「ラッキーセブン」と「ストロベリーナイト」が双壁でとっても楽しみで、「理想の息子」は箸休め的なwwそんな感じ。

「ラッキーセブン」は絶対別途書くつもりですが、
チーム感がすごく心地よくて、テンポもよかったし、楽しく面白く、そして潤くんのビジュもとってもよかったしアクションも見ごたえあったし、よかった。

そして
「ストロベリーナイト」
見ごたえありました。
竹内結子さん、かっこよかったし、さらに菊田@西島秀俊の大人な感じが何ともステキで。
一生懸命、強く精一杯頑張って生きている玲子の横に、常にいてくれて、いいですよね
(もちろん、恋愛ドラマではないから、大した場面はないんだけれど、頭をぽんとする仕草や、見守る表情とかに、毎回キュンときてました)
あと、武田さんのガンテツ(ホントに、迫力がある、ふだんの素な感じからは想像つかないくらい)、遠藤憲一さんの日下、そしてひょうひょうとしている今泉係長@高島政宏とか脇がなんともしぶくて味があってよかってです。


箸休めな「理想の息子」もとい「おれのかーちゃん」(だったっけ?ww)
これ、脚本確か野島伸司さんだったんですよね。
野島さんって、もっとシリアスな印象が強かったので、こんなに最後まで軽いトーンで行くんだっていうのが結構意外でした。

山田くん、新境地よね。
こんなコメディも、できるんだなっていうのが発見。(探偵学園で初めてみた時から、きれいで影のある感じが合うなって思っていました)

そして、もう脇くんと言い、金子くんといい、お約束パターンがたくさんで、ちょっとうっとおしといえばそれまででだけど。、笑わせていただきました。

そして、中島裕翔くんのでているドラマ、久しぶりに見た。
昔、エンジン、野ブタ、プリマダムとみていて、当時はまだデビュー前だったけど結構注目してみていたけど、なんか成長して当時とずいぶん雰囲気も変わっているのよね。


ホントは、木10の「最後から二番目の恋」だっけ?あれもみたかったけれど、一度とり忘れて落ちたら、復活できなかった・・・・。
来シーズンも、みたいもの結構あるけれど、大丈夫かな・・・。




2012.04.03 / Top↑
先週、4夜連続で、フジテレビの深夜にやっていた「O-PARTS」観ました。

丸ちゃん主演っていうところで、どんなのかなって思ったのがきっかけだけれど、未来からやってくるテロリストの話、予想以上に面白かったです。
もちろん、深夜でいろいろつっこみどころはあるんだけど、ストーリーも面白かったしいろいろ発見もあった。

主演は丸山隆平

最近エイトの中では、かなり丸ちゃん、おしてもらってますよね。
今、ストロベリーナイトにもでているし、私は未見ですが映画「ワイルドセブン」にでていたし、
今回深夜とはいえ主演。
こういう等身大で、それでいてシリアスな役、新鮮だし(いつも、明るいキャラが多かった気がするので)好演だったと思います。

吉田鋼太郎さんと吹越満さんは、非情な役どころ、ベテランがしっかり押さえていたなって思いますが
「この子誰??」って思わずググってしまったのが捜査官の1人和馬役の染谷将太くん。
あまり私自身は、みる機会がなかったんですが、子役からいろいろに出ている方なんですね。

そして映画「ヒミズ」の主演だった子なんだという事実を把握。
「ヒミズ」評判良かったしみたいなって思っていたけど、もう終わっている。
DVDが何かでも、そのうち見てみたいなって思いました。

脚本が黒岩勉さん、
最近かなりフジでよく書いていらっしゃる方ですよね。
ストロベリーナイトもだけど、謎Dも、絶対零度も。
(共同枠が多いってことですかね・・・)


これは、1本も45分で短めで4話完結で、手軽に楽しめて私の中ではかなりヒットでした。

2012.03.06 / Top↑
もう、冬ドラマも折り返し点にきていますが、現在の視聴状況をご報告!

このクール、私的オシは、ラッキーセブンはもちろんですが、なんといってもストロベリーナイト!

諸々の事情により2週間分くらいすぐたまっちゃったりしているんですが、この2つだけじゃオンタイムかもしくは2.3日のうちには消化している。

まぁ、ラッキーセブンについてはその都度感想あっぷしてるので(まだ、先週今週分書いていないけど)そちらで。

ストロベリーナイトは、ストーリーも緊迫感があって面白いし、キャラもいい!
前に放送になったSPはみていなかったのですが、連ドラ前に放送になったので、そこから欠かさず見ております。
姫川@竹内結子も菊田@西島秀俊もかっこいいわ。
特に姫川を影で支える菊田の優しさはキュンキュンしながら見ていまあす。

そして、それぞれがすごくいい味だしてキャラがたっているのもいい。
ガンテツ@武田鉄矢とかの怖ーい感じもいい。
宇梶さんや高島さんといったベテランどころもすごく締めている感じがある。

小出くんは好きだけど、あの中に入ると役どころもあって初々しさすら感じるし
丸ちゃんは、いいチームに入ってよい経験をさせてもらっているなぁって思います。
(エイトの子達、ニシキー以外は主演は少ないけれど、いいドラマや映画にださせてもらってすごく良い経験を積んでいるよね)


そして、ここ2週分くらいたまっているものの、結構楽しくみているのが「理想の息子」
鈴木京香さんはもちろん上手いんだけど、山田くん久しぶりにドラマみたけどいいなぁ。
探偵学園Qの印象が強いので、なんかシリアスなイメージが強かったけれど、こういうコメディをちゃーんとやりきれて面白いので今後に期待しております。
あと、実は楽しみにみているのが中島くん。
中島くん、エンジン、野ブタ、プリマダムとみていて、この子いいなぁって思っていたのですが、
ここのところなんかいいところを見ていない気がしていて(単に自分が出ているのを見ていないだけではあるのですが)
このドラマでなんか光る感じをみせてくれたらいいなぁとちょっと期待している(今のところ、まだもうチョイな気がしています)

「最後から2番目の恋」も面白く見ていたんだけど、見る時間がなくて、録ってはあるけれど脱落しかかっている。


あと、大河、松ケンの「平清盛」こちらは今のところ毎週欠かさず見ています。
画面が汚いとか色んなクレームも当初あったようですが、別にそんなことはないんじゃない?

この時代の話は、結構自分の中でも抜けている部分が多々なので、関連の本もパラパラ読みたいって思っています。








2012.02.15 / Top↑
やっと、ミタさん最終回まで見終わったので(←遅ッ)
秋ドラマ感想です

完走したのは、

「家政婦のミタ」
「11人もいる」
「妖怪人間ベム」
「南極大陸」
そしてもちろん「謎解きはディナーのあとで」

あと、大河の「江 姫たちの戦国」も完走です。

感想は続きに




... 続きを読む
2011.12.27 / Top↑
今日から11月(早いよね、あっという間に1年終わっちゃって、またひとつ年をとっちゃう・・・(^_^;)

10月から、はじまった秋ドラマもそろそろ2回目、3回目が終わって・・・

当初は、このクール面白そうなのがたくさんあるなぁ、全部見きれない!!な~んて能天気なことを考えていたのですが、ふたをあけてみると、意外にみてるものは少量で落ち着いています。

まずお断り。
見ようと思っていたけれど、蜜の味、月9(題名がわからないけど、香里奈さんと、吉高ちゃんと大島さんがでているもの)ミタさんは、第1回め録画しそこねて、もういいや~って思ってスルーしてしまっています。
ミタさんは視聴率も評判もいいので、ちょっと残念。まあ、再放送もやっていた気がするし、途中参戦してもいいけれど・・・(と迷い中。時間がないのよね)
蜜の味は、菅ちゃんだから少なくとも1回は見ようと思っていたけれど、実は女のドロドロ系、ちょっと苦手だったりもするので、そこまで意欲があがっていないのかも。

そして今継続中なのは、「11人いる」「ベム」「南極物語」・・あ、もちろん「謎D」はいわずもがなです(最優先)

「11人いる」は、ひさびさクドカンいいなぁって思いながら見ています。
そして、神木くん!!大人になったね~(あんたは、近所のおばちゃんか!)
神木くん、ちょっと新しい面がでているんじゃない??そして新しいといえば、清四郎くん。
相変わらず達者だなあって思うし、ちょっとH系が端々に入る感じ、「全く、清四郎君にこんなことさせて(笑)」と思いつつ楽しんでます。そして、広末さんがいい!もちろん、クドカンドラマですもの。それぞれのキャラがホントにイキイキ楽しくて金曜日の夜、とっても楽しみです。

そして、予想を超えてよかったのが、ベム。
亀梨くんのベムも哀しいけどスタイリッシュ。
そして杏さんのベラ、あのキャラの感じがカッコいいなあって思うし、
ベロの鈴木福くんはかわいい。
そして何よりお話がしっかりしてるなあって。脚本ですよね。
私は原作アニメほとんどみたことがなくて、先日ドラマに先がけてやっていたのを、チラ見したくらいなんですが。
決してお子様向けではないですよね。でも、10代の息子達世代にちゃんとみてほしいような気がする。
脚本は西田征史さん、この方「怪物くん」も「魔王」もなんですね。

「南極物語」はいちおう木村さんだし、これだけキャストすごいしやっぱり見なきゃねと思ってみています。
まあ、面白いけれど、いずれにせよ力の入ったドラマですよね。

「HUNTER」と「僕とスターの99日」は、まあまあだけど脱落しかけてる感じ・・・です。

それでは、まもなく「謎解き~」がはじまってしまうので・・


2011.11.01 / Top↑
金曜日、最終回だった「美男ですね」

視聴率的には、二桁に惜しくも届かずだったようですが、私は「それでも生きていく」と並んで今期かなりのヒットだった!
(ホントは、巷の感想みてると、ヨシヒコも見たかったんだけど、気づいた時はもう何回か過ぎた後だったから、再放送があればみたいなあ。)

「美男ですね」韓国ドラマが原作だそうですが(あの、超人気のマッコリの彼がでていたんですよね。日本版にも途中ゲスト出演あり!)私は、みていないのでサラな状態でみました。

第1話から思ったのは、これって「花男」?

正確には、イケパラの男子集団の中に男装した女子が一人入って恋愛がはじまるっていう設定+花男の俺様Sキャラ、でも内面はすごくナイーブ(道明寺・廉)、報われないんだけどすごく優しくて横からヒロイン強いては2人を支え続ける俺様キャラの親友(花沢類・柊)っていうキャラ設定を足して2で割り、韓国ドラマっぽい親の代の恋愛関係のもめごとが子の代にまで影響するっていうスパイスをふりかけたみたいな・・・・そんな感じのドラマ。

はっきり言って、つっこみどころも満載なんだけど、主人公である廉と美男(美子)、そして柊、ユウキ+ナナの恋愛をめぐるベタな展開があまりにも「こうきてほしい!!」っていうところにドツボにきてくれて・・なんていうか水戸黄門的気持ちよさ、「来るぞ来るぞーー、キターーーーーー!!」ってそんな感じがすごく楽しく見れました。ベタだと思っていても、ちょっとウルッとなる部分も毎回ありましたしね(笑)

玉森くん@廉は、きれいな子だと思っていただけに、今回結構お化粧濃くってそれが残念。
(先クールの月9(香取くん主演のもの)で黒木メイサさんの弟役をやっていて、そっちの方が好きだったから)
藤ヶ谷くん@シュウは、髪の毛切って、この感じがとってもgood!(去年以前はちょっと見た感じお水系なイメージだった)
八乙女くん@ユウキは、なかなか楽しく、結果チャーミングな役どころ

あと、今回脇がまた皆様濃くって(笑)
高島(弟)さんとか、柳沢慎吾さんとか、楽しませていただきました!


あと、筋とかとは直接関係しなかったりもするんですが、今回、Anjelがアイドル設定じゃないですか。
うちわを持った女の子たちもワラワラでてくるし(笑)
そういう面でも、いろいろツッコミを入れながらみれて面白かったかも。

でもね、さすがにあのラストはいただけなかった。
だって、いくら非現実な設定とはいえ、
コンサート前に廉が出てきて客席を見回して美男を探すっていうのも・・・?(まあ、百歩譲ってありとしよう)
その上、直前でオープニング曲入れ替えてソロに変える(まあ、これも百歩譲ってありとしよう)
あげく、客席に美男をみつけたら、ステージおりて抱き合って告白(さすがに、これはひどいでしょ)

私が、「これはちょっと・・」とブー垂れていたら、2号に「まあまあ、ドラマですから」となだめられた(笑)

完全に目線がファン目線ですからね。ちっとも、「よかったね~」にならなかったわ(笑)
こんなこと「ありえないでしょ!!!!」

それも、観客みんなが拍手をしてお祝いする・・ないない・・(笑)

えっ?!性格悪すぎですか???
普通にみてたら、あんなことしてもらったら幸せ!って浸れるもの?


そして、結局アフリカに行ったのよね。
そして、帰ってきて・・・
なんかラストがあっけなくて、「はぁ??」っていう感じだったのは、かなり残念。

あと、まあ話がややこしくなるから仕方ないけど、お兄ちゃんの本物の美男が、帰ってきて新メンバーに加わったんだから、最後だって一緒に楽屋にいなきゃおかしいし、あまりにも存在感希薄すぎやしませんか・・・

と、最後までつっこみどころ多かったけど、かなり楽しんだことは事実!
キスマイの曲きくきっかけにもなったしね。
2011.09.25 / Top↑
今年の夏ドラマ 先日は「それでも生きていく」について書きましたが、
今回は一気に「華和家の四姉妹」「全開ガール」「絶対零度」の3本


「華和家の四姉妹」

観月ありささんの竹美(次女)が、まさに彼女のはまり役なキャラで、あとの3人 吉瀬美智子さん(長女)、貫地谷しほりさん(三女)、川島海荷ちゃん(四女)も、バランスよかったかなって思います。
観月さんのああいうキャラは王道ですよね。またこのパターンとは思っても、気持ちよく見れちゃうから。明るくて、気が強くて、もてキャラで、それでいて、周りにはみせない弱い部分をもっている。でも、水戸黄門的感じもあるけれど、気持ちいいんですよね。
あと加藤くんを初めてこんなに集中してまじまじとみたよ(笑)結構もてキャラで、美味しい役どころ。シゲってこんなにかっこいいんだ(←今さらww)って思いました。今まで、この子みてカッコいいとか色気があるとか思ったことなかったけど(この言い方もヒドイ w?)、しょうちゃん役のシゲはかっこよかったです。
竹美の別れた旦那役の田中哲司さんも、情けなさ加減に味があって良かったし、フジ子ちゃん(長女)の昔の恋人役の石黒賢さんも疲れた中年役が妙にそそる感じでよかったなあ。
あ、名前わからないけど、うめちゃん(四女)の憧れの先輩役の男の子はあまりにも某読みすぎて勘弁だったけど。


「全開ガール」
はじめは続くかなあ(私の視聴が、っていう意味です)って思ったけれど、私的にはだんだん面白くなっていった感じ。

新垣結衣さん演じる若葉がちょっとづつ魅力的にみえるようになっていったから?(笑)

それにしても、亮ちゃんいい役どころが続いていますね。

前クールの犬に引き続き、これもお父さん役だったけれど、そういう役をやっても所帯じみない感じが魅力よね。
JOKERもあたっていたし、役柄の幅もあるしこれからがより楽しみ。


「絶対零度」
これは、主体的に見ていたというより、息子がみていたのをつきあって8から9割みたっていうかんじだったんですが、前回シリーズは1.2回見た程度だったんだけど、今回は前回よりも何となく面白かったような。(いい加減)
桐谷健太さんが、こんなにしぶいカッコいい役もやるのね~(ホゥ~ッ)っていう感じww
ルーキーズ(私は、途中まで見ていて熱すぎて挫折したんだけど w)のイメージよりも私的には、流星のポストイット男の印象だったけれど、だから今回の役は新鮮でした。
上戸彩ちゃんもかっこいい役どころだったけれど、誰よりもかっこよかったのは、山口沙也加さん。山口さんって結構3.4番手くらいで色んなものにこれまでもでていらして、それなりにスパイス的な印象の残る女優さんだったけど、今回みたいなかっこいい捜査官もステキです。


今クールは、あと「美男ですね」今日は、オンタイムで見れそうなので楽しみ!

こちらは、別に感想アップします!
2011.09.23 / Top↑
「それでも生きていく」

昨日で終了、さっき録画していた最終回見ました。

視聴率的には、重たいし難しいテーマだし、伸び悩んでいたようだけど(最終回はやっと10%台にのせたものの平均は9.25%) 私は、はまって毎回涙してみてました。
(今クールは、これと「美男ですね」に一番はまったかも)

テーマもね、色々に割り切れなくて苦しくてっていうものであったけれど、何よりも演じてらっしゃる役者さんの迫力がすごかった。

柄本さん(相変わらずの怪演 そうそうに亡くなってしまったから出番は前半でしたけれど)

大竹しのぶさん(大竹さんは、スゴイ!今回、スゴみ迫力があったよ。スゴイとは常々思っていたけれど、この人の女優力ってハンパないよねって改めて思って、急に身毒丸が見たくなったけど、時すでに遅し。風間くんとの対決シーン、風吹ジュンさんとの対決シーンは息をのんでみてました)

時任さん(なさけなさ加減がいいんですよね・・・・)

風吹さん(大竹さんとの対決シーンが見ごたえあった)

そして、主役どころ

瑛太さん(私は、瑛太さんはまる時とはまらない時とがあるんだけど、今回はよかったなあ)

満島ひかりさん(去年の「悪人」でこの子何、いいんだけどって思って以来注目なんですが、世間的にも注目されているみたいですね。CMにもでているし。上手ですよね、それに可愛く見せよう発想がまるでないところがいい、悪人の時もそうでしたが、体当たりで頑張っている感じがします。次回作も楽しみ)

風間俊介さん(今回、実は瑛太さん以上に、満島さんと風間くんがおいしかったんではないかと思っています。スゴイよ・・・風間くんがこれを機にまた色んな役どころに挑戦させてもらえたらいいなあって思っています)

そして、ラストについて。

自殺をはかった、文哉@風間俊介を助けた洋貴@瑛太の熱い語りかけに対して、心を閉ざしたままの文哉の反応も、ショックで涙だったけどあそこで文哉がいい人で反省しちゃう方が不自然よね(だって、彼の中のトラウマは何一つ解決されていない)

あと、お互い好きでいる洋貴と双葉@満島ひかりだけど、別の道を選んで、最後のデート場面は切なかったけれど。双葉の性格だったらそうなるのかなあと。(でも文通しているところが、救いでもあるし、結局お互い支えが必要なのね、そんなに強くはなれないよねという感じがした)

ずっと、救いようがない感じがしている文哉だけど、最後の拘置所の場面、彼の中の何かが変わりそうな予感を残して終わったのが、後味の悪いものにならずに済むギリギリな感じでよかったかも。


ということで、見ごたえがあるドラマでした。

そして、満島さんと風間君のこれからの活躍が楽しみなのと、大竹さんの舞台がみたい!そう感じたドラマでした。
2011.09.16 / Top↑
もう、8月も1/3が過ぎようとしていて、早いったらない。

ちょっと中途半端なタイミングですが、今期のドラマの視聴状況

現在視聴継続中は、

月9 「全開ガール」
まあ、ニシキーも出るし初回は見ようと思った見たら、まあそこそこ面白かったので、継続中。
息子達が割合積極的に見てるのに助けられている面はありかも(1人だったら、脱落していたかもしれない)
子役の子達も達者でかわいいね


火9 「絶対零度」
これこそ、1号がみているから完全に引っ張られているパターン、桐谷くんが渋いです!

木10 「それでも生きてゆく」
うこれね、暗そうだから初めはみるつもりなかったの。
でも、キャストはすごくいいし・・で、とりあえず初回みたら完全にはまっています。
満島ひかりちゃんに、大竹さんに・・毎回泣かされています。
風間くんの、影がある感じもいい。


金10 「美男ですね」
世間的な視聴率は今一つなようですが、実はかなりはまっています。
こういうベタな展開好きよ~。
これも、最初はそんなに見る気はなくて、でも藤ヶ谷君達出るし、初回は見るかと思って見たら、だだはまり。
構図は、私は花男に近いと思っている。(キャラ設定がというべきか)
レンはなんか道明寺を思い出し、シュウは花沢類を思い出す。
つっこみどころはもちろん満載です。でもね、なんかこの非現実感が好き!って思っちゃってます。

日9 「華和家の4姉妹」
これは結構見るぞと思って見て、継続中。
観月ありささん、完全にはまり役なキャラですよね。

そして、もちろん「江」も絶賛継続中


逆に挫折してしまったもの

水10 「ブルドクター」
絶対見ようと思って見始めたんだけど、ちょっと見れないことが続いてHDDの中で溜まっている。
江角さんも好きだし、吾郎ちゃんも出てるし見る気は満々だったんだけど、なんかタイミングが合わなくて、
これだけたまるとめんどくさくなってきた(笑)


火10「チームバチスタ3」
これ1も2もみてたから、とりあえず初回はみたんだけど2回目録画し忘れて、結局脱落

日9「花ざかりの君たちへ」
前作がすごく好きだったので、キャスト見た時からチョイがっかりな気持ちと「??」が頭の中で渦巻いていたんだけど、とりあえず初回は録画して見始めたんだけど・・・・・最後までみるのがめんどくさくなって、途中でやめちゃった。
何か、前作との微妙な一緒感(効果音的な挿入音楽がまるで同じとか、中津の1人小芝居のところとか)
それでいて違うところはかなり違う。
なんか、その妙な一緒とずれとが見ていて気持ち悪くなってきちゃったの。
初回途中までだからわからないけど、これは役者さんの問題ではなく、局の企画の問題って感じています。


そろそろ8月も半ば、折り返しですよね。
木、金、日は継続しそうだけど、あとはちょっとしたことで脱落しそうな気もする・・・


秋には、ひさびさ嵐さんの連ドラきてほしいなあ。

とりあえず、ニノのフリーターのSPと映画公開に合わせた大ちゃんの「怪物くん」SPがあるのは嬉しいね!!





2011.08.09 / Top↑
もう、夏クールのドラマがはじまりだしていますが、忘れないうちに春クールドラマのふりかえり。

(結構、とってあるけど、なかなかみれてなかったりもして、やっと一昨日全部見終わったので)

4-6月は、最後までみたのは

月9 フジ「幸せになろうよ」
木10 フジ「BOSS」
金ナイトドラマ テレ朝「犬を飼うということ」
日9 フジ「マルモのおきて」

こうやってみると、フジが多いなあ。

それではそれぞれについて


月9 フジ「幸せになろうよ」
(香取慎吾・黒木メイサ・藤木直人・仲里里依紗・綾部祐二)
全体としては、まあまあっていう感じ。
慎吾ちゃんは、こち亀とかよりこのくらいシリアスな役どころの方が好きだし、藤木さんはもうすっかり大人のかっこいい男の役ですよね。
でも、何より中心3人の話より、脇が面白かったのよね、仲里依紗ちゃんは、ちょっと女全開でがんばっちゃう後輩役がはまってる。もてない男の大倉さんが面白い!ピース綾部さんもまんまだけど、良かったと思うよ。
そして、キスマイの玉森くんはきれいな子ね。(顔としては藤ヶ谷くんより、こっちがいいなあ ←誰もきいてない)


木10 フジ「BOSS」
(天海祐希、竹ノ内豊、玉山鉄二、溝畑淳平、長谷川京子、温水洋一、ケンドーコバヤシ)
前回のシリーズがとってもおもしろかったので、期待大で視聴。
面白かったけれど、かなりお笑い方向に走ってるよね(笑)
でも、キャストは豪華だしみごたえはある。
今回は前回以上に天海さんと竹ノ内さんのやりとりが面白くって、
最初に登場した大森南朋さんがこのままのわけないだろうしどう絡んでくるのかなって思ったら最後やっぱりガッツリでてきたし。
戸田ちゃんがもっとでてきてくれても嬉しかったかな。

そして、終わり方もまだまだ、シリーズが続きそうなふりでしたね。



金ナイトドラマ テレ朝「犬を飼うということ」
(錦戸亮、水川あさみ、田口淳之介、杉本哲太、泉谷しげる)
最初は、ニシキーがでてるし、とりあえず1回目みようかなくらいのテンションだったんですが、これはいいドラマだったなあって思いました。
ペットを飼うことだけでなくそれを通じての家族の結びつきとか、色んなことを感じさせてくれたドラマでした。
最終回もペットを通じて、大切な人を失うっていうこと、それとの向きあい方、弔うということなどなど・・・いろいろ考えさせてくれました。
そして、お兄ちゃんの成長が感じられた。
はじめは、ちょっと斜めに見てる感じだったのに(友達とのトラブルも多かったし)、最後はスカイの死に目に立ち会えないお父さんに変わって、ちゃんとしっかりしなきゃって奈良橋先生の言うことをきいてきてちゃんと伝えて。その上獣医さんになりたいなんて!

最初、ニシキー小学生の子持ち???って思ったけれど、だんだんカッコイイ男性になっていきましたね。


日9 フジ「マルモのおきて」
(阿部サダヲ、芦田愛菜、鈴木福)
裏は「JIN」でした、でも視聴率もよかったし大健闘!(JINはおもしろいだろうと思うんだけど、何かタイミングが合わず、みれません)
でも、面白かった。阿部さん好きだし、子役の愛菜ちゃんと福ちゃんが何しろ達者でかわいい。
そして、笑いあり泣くとこありで、気持ちよーく見れました。
久しぶりの世良さん、世良さんがこんなにおっさんになったのかと思うと隔世の感がありますが(私が高校の頃ののアイドルです!友達に熱狂的に好きな子がいた)・・・、でもなんかいいおっさんぶりだった!


夏クールは、結構たくさん見そうな予感・・・


2011.07.10 / Top↑
ドラマごと。
春クールもはじまりだしておりますが、途中経過報告と、結局放置しっぱなしだった冬クールのことを覚書程度に。
今クールは嵐ドラマが久々にないからなんか盛り上がりなく始まっている感じもしますが

まずは春クールから 初回をみたものは・・・、

月9「幸せになろうよ」
慎吾くんのドラマ、共演が藤木さんだし、私的には見るモチベーション結構高い。
初回見て、結構好感持てるすべりだしだったので、2回目もとってあるけどまだみていない (-_-;)

木10「BOSS」
前シリーズが面白くて大好きだったから、楽しみにしてました。
天海祐希さん、かっこいい~、その一言にまあつきるんだけど。
BOSSのとぼけた竹ノ内さん好きだし、玉山さんはステキだしぬっくんは笑えるし戸田恵梨香ちゃんもいいし、キャストみんないいですよ。
もちろん、欠かさずみています。

木深夜「四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険~告らせ屋~」
深夜の古田新太はおもしろいに違いないという1点のみで初回みた。まあ、グダグダ感は嫌いじゃないけど、2回目すっかり忘れていてそれっきりになってしまっているという・・・

金ナイトドラマ「犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~」
ニシキ~がパパ役というもの。初回はまあニシキ~だしとりあえず見ようくらいのノリで見たけれど、予想以上に良い。リストラの話といい、ペットに対する考え方といい、いろいろ考えさせられる部分も多い。
子役の子達はかわいいし、錦戸くんは、若いのに疲れたサラリーマンを好演しているし、水川あさみさんも生活感あふれる感じがリアルな感じ。楽しみに見ています。

日9「マルモのおきて」
本当は「JIN」をみょうととってあったんだけど、1週間たってみる時間がとれず・・・・。
(そもそも、あれだけ評判の良かった前シリーズみていなかったし、再放送も結局見なかった)
それで息子達がマルモの初回をみているのを横目でみていたら、これが結構面白い。
もちろん、犬が喋るところとかつっこみどころは満載ですが(笑)
なんか、マルモみちゃうかなあっていう予感。

あと、「リバウンド」と「高校生レストラン」は初回は見てみようと思っています。


そして、何があったか「バーテンダー」以外は遠い記憶のかなたにある冬クール

結局全部みたのは
金ナイトドラマ「バーテンダー」
火9「CONTROL」
木10「外交官黒田康作」
まあ、ひいき目抜きにして、「バーテンダー」に癒され「黒田康作」を楽しんだ冬クールっていう感じでした。
「バーテンダー」については毎回しつこく語っていたので、それ以外について。

「外交官黒田康作」は、映画のアマルフィよりは全然面白かったと思う。
私は、そんなに織田裕二さんを見ていたい人ではないんだけれど、香川照之さん、田中圭くん、柴崎コウさんと結構見たい人が脇で頑張っていてくれたこともあって、とっても楽しめました。
「CONTROL」はなんか、どこかでみたような感じの設定ではあったけれど、藤木さんがいい役だったし楽しくみました。ただ、松下奈緒さん役柄なんだけど若干みていて疲れる感はあったかも。ヨコが普通にかっこいい役でそこもよかったわ!

日9「冬のサクラ」
途中、1回か2回分みきれなくてとばしたりはあったけれど、それでも最終回までたどりつきました。
最初はなんか韓流っぽいなあって思ったんですよね。
でも、草くんドラマは、若干の葛藤を覚えつつ見ていたりすることがままあるんだけど、結局毎回見ては泣いちゃうのよね。(何なんだろう)
高島さん、怖かったよね。でもあの怖さ、不気味さがきいているなあって思いました。


ちなみに、今年の大河「江~姫たちの戦国」は毎回楽しみに見ています。
はっきり言って、江が「のだめ」すぎないかとか、江や初に戦国の姫様にあれはないだろうとつっこみをいれつつではありますが(笑)
でも、浅井三姉妹の話は好きだし。
大竹さんのねねはとってもいいですね。




2011.04.27 / Top↑
冬クールのドラマがはじまりだしました。
(バーテンダーはまだだけど・・・)
とりあえず、ざっと見たので1回目をみての今後の視聴予定を。


「CONTROL 犯罪心理捜査」火9 フジ
まあ、これはとりあえず視聴決定!(まだ、#2はみれてません。あとから録画みます)
私的には、藤木さん&横山くんがでているということで第一関門突破なくらいではありますが。
ストーリーも私はおもしろく見れました。まあ、何かいろんなところで見たことがあるような感じは否めないけれどね。
まず、藤木さんのチョイ変人役は大好き(ホタルのぶちょおとか・・。基本、変な人臭のある役柄の方が。若い頃のラブレボリューションとかは文句なくかっこよかったけれど)
その上横山くんが、ぜんぜんふざけてなくて(あたりまえ?)普通にステキな感じでそれだけでよいよ。


「美しい隣人」火10 フジ
「何か怖い」、っていうか女性の登場人物に好きだと思えるのキャラがいないので、なんか別にいいやっていう気持ちになった。
仲間さんのシリアスタッチの現代劇もあまり得意じゃないしなあ。
たぶん、仲間さんがあの水死しちゃった子の母親?なのかなあ、そして多分理不尽(?)な憎悪につながっているんだろうな(理不尽かはわからないけど・・)と思うけれど、行く末が気にならないと言えばうそになるが・・・
何か、あの檀さんにしろ、仲間さんにしろのああいうキャラを見続けていることがちょっとしんどいので(私はね)脱落決定。


「美咲ナンバーワン」水10 日テレ
まあ、ごくせんですね。スタッフも一緒なんですよね。
そして、美咲のあの問題解決、ごくせん以上にありえないよねって思うけれど、何も考えずに流して見れそう。
キスマイの藤ヶ谷くん、顔だけみると全然好みではないんだけれど(ちょっとお水っぽい感じ?)、動いて喋っているところは、何か惹きつけられて見てしまう。この子が回を重ねるごとにどんなふうになっていくのかを見守りたいような気持!?(役としての変化もそうだけれど、藤ヶ谷くん自身がどう成長して行くのか)
北山くんの方はまだ硬すぎて、そこまではそそられませんが・・・。
三国先生@田中圭さんは、好きな俳優さんなので、こっちがいいかも。
そして、香里奈さんの足の美しさをみているだけで楽しいかも(きれいなものはきれいだし・・)
藤ヶ谷くんチェックみたいな気持でみてしまう気がします。
挿入歌?にキスマイの曲使っているんですよね(力、入れてもらっているなあって思いました)


「外交官・黒田康作」木10 フジ
これは、期待以上に見ごたえがあって視聴決定
織田裕二さんが残念ながら私にとっては見る時のプラスポイントにならないし、(別に特にマイナスにもならないが)映画のアマルフィもまあまあだったので、正直どうしようかと思っていました。
でも、ごひいきの香川さんはでてるし柴崎コウさんだしと思ってとりあえず初回はみようと思ってみたら大正解。
これは、結構楽しみです。


「デカワンコ」土9 TBS
手越くん、かっこよかったよ。きれいだったしね。
そして、多部ちゃんは好きな方ではあるけれど、うーん続くかなあ自分の中でちょっと疑問。
某ドラマのオマージュ的な部分が結構ツボな人にはツボだろうと思うんですが、私自身がもろその世代でありながら、はまってみていたわけでないのでちょっとふーんっていう感じでとらえています。
全然ドラマと関係ない話ではあるけれど、主演ではないとはいえ手越くんでていているので挿入歌でもNEWSがテゴマスでタイアップつかないのかなあとちらっと思いました。
(それを言ったら、CONTROLの横山くんで関ジャニのタイアップついてないものね、っていうか夏クールで錦戸くんがJOKERにでていた時もついてなかったものね)
嵐さん達は、昔から比較的タイアップがついていて、恵まれているんだなって思いました。


「冬のサクラ」日9 TBS
なんか、結構苦手なんじゃないだろうかっていう感じがしていて、でもとりあえず剛くんだし、任侠ヘルパーも「僕生き」のシリーズも結局みてしまって涙してしまう私なので、第1回めはみました。
案の定、おかあさんとの場面は涙・・
でも、おかあさん死んじゃったし今後どうだろう・・
とりあえずは見てみるつもりでいます。

「スクール」日9 フジ
実はこれ、みている最中なんですよね。時間なくて途中で放置されている。
でも、予想よりも面白そうかも。
見続けるか、まだ未知数だけど。


そして、月9は何となく今回パス。
三浦春馬くんも戸田恵梨香ちゃんも、2人とも好きだけど・・・・、何となくテーマをみているうちにめんどくさくなっちゃって(これって、オハサン?)録画しなかった。
面白かったのかなあ?

そして、はやく「バーテンダー」はじまらないかなあって、首を長くして待ってます。
2011.01.19 / Top↑
日曜日、大河ドラマもはじまりました。
今年は、「江~姫たちの戦国」 
今年もかなり観る気満々。小さい頃は毎年のように観ていた大河ですが、大人になってずっと離れていて、ここのところもどってます。

今年は、何よりも江姫が主役っていうところに魅かれているかなあ。
原作は読んだことがないのですが、戦国時代は好きな時代だし浅井三姉妹が主人公っていうのが面白そう。

茶々が宮沢りえさん、お初は水川あさみさん、そしてお江が上野樹里さんっていうキャスティングもイメージの中ではいいんじゃないのかなあって思っていますが、どうでしょう。
第1回は幼少期なので、芦田愛菜ちゃんが大活躍でしたが。

まあ、1年間どう展開していくか楽しみです。


そして、1月クールのドラマは今日くらいからそろそろですが、単発ドラマも少し見ました。

まず、加賀恭一郎シリーズのSPドラマ「赤い指」
「新参者」の連ドラも面白かったんですが、私は結構このスペシャルはよかったかも。
(横で見ている息子達に、「お母さんは泣くポイントがよくわからない」とか言われながら、結構泣きました。 笑)

親が子を思う思い、それに対する子どもの気持ちっていうのが、今回の事件の起こった家での母と息子、母と娘、父と息子と重層的に重なって、それに加賀恭一郎とその父との関係に重なってみごたえがありました。

そして、チームバチスタ
これは、回想シーンをかなりまじえつつ、新しい話も少し入れてという感じ。
白鳥さんと速水先生の2人並びが何とも渋くてかっこよかったけれどね。
まあ、流し見しつつですが、面白かったです。

連ドラは何をみようかな。

バーテンダーはもちろんですが・・・、
あとCONTROLはとりあえず見ようと思っています。(今日だよね、忘れずに!)

<追記>

あと、見終わったら消しちゃいたくて「はないちもんめ」みました。

もともとの連ドラをみてなかったので、とりあえずとっておこう程度だったんですが見終わってみればなかなかいい話でありました。
そして、改めて和食ってきれいだよね。ああいうお料理は芸術品!って思ったわ。
ストーリーもさることながら、見せてくれたお料理の数々もステキでした。

貫地谷さん、可愛かったなあ。
相葉ちゃんドラマの相手役よね・っ思いながらみちゃいました。
2011.01.11 / Top↑
日曜日に「ギルティ」ようやく見終わりまして、忘れないうちにアップしとかなきゃ(って、もう2日すぎてますね・・・汗)

菅野美穂さんんが好きなので、菅野さんの悪女ぶりと、珍しくテレビ出演の吉田剛太郎さんが結局どういうキャラ設定なのかに引っ張られてみていましたが、惜しげもなく次々関係者が死んでいく展開と、玉木さんのワイルドかっこよさにかなりひかれていました(笑)

でもね、あの最後はちょっと盛りすぎじゃない?
芽衣子@菅野美穂が、最後宿敵の三沢準を殺すのは想像内だしそう来るだろうと思った。
そして、最後の最後自殺しちゃうところもね。(は生きて捕まって服役っていう展開は、ないよね)
でも、ペットショップのオーナーの琴美@横山めぐみまで関係者だったっていうのはびっくり!
そこにくるんだ~。
っていうか、あの父親の代議士すごくむかつくパターンだし、そこに反抗して息子がああなっちゃうっていうのは琴美の件がなくても充分私は納得してしまったので、あの追加は必要だったのか???

ストーリー的には、かなりうまい具合に関係者が死にすぎるきらいはあったものの(まあ、テンポよくて面白かったけれど)いろいろキャラは楽しめました。
真島@玉木宏は、かっこよかったね~。私玉木さんは結構キャラによりけりなところがあって。(のだめの千秋さまはよかったよね。)あの追い詰められた感じが好きだったかも(*^_^*)
吉瀬さんは、かっこいいお姉さま系いいですね。ブラッディマンデイの役柄もとってもかっこよかったけれど、これも同じ系統かな。
そして、吉田剛太郎さん、巨悪ではなかったけれど悪役で、最後まで嫌な奴に徹していた。
ちょうど、この秋「じゃじゃ馬馴らし」を見に行った時に劇場で偶然お見かけしました。実物の方がドラマ内よりもずっとずっとステキでした。
溝口@金井勇太(あの、快楽殺人のジャンキーですよ)みたいなのも、もちろん現実にいられたらとんでもないけれど、ドラマ内の設定としては結構見ちゃうキャラでした。



そして、「医龍」
これ、もっと前に観終わったんですがもう記憶が薄れてきている・・・汗
1,2と見ていたので、まあ3はやっぱり見るでしょうと思ってみて、面白かったけれど医龍はやっぱり医龍だった。
最後黒木先生@遠藤憲一は、いい人になって仲間となって死んでいって、まああれはあれでいいんだろうけれど、不気味なキャラで通しきっている野口先生@岸部一徳はスゴイなあ。あの不気味な魚といい、マトリョーシカといい突っ込みどころ満載だった(笑)!

稲森さんは怪物くん以来、私の中での好感度アップなので、クールビューティな加藤先生再登板は嬉しい限りでした。
って、主役について何か言えですよね。
坂口憲二さんについては、私の男性の好みから外れているので(客観的にはステキな方だとは思いますが)、ドラマ中の主役としてそれ以上には特に感想なし(ひどいなあ)
だって朝田龍太郎@坂口憲二はキャラがぶれないじゃないですか。今回のシリーズは彼の周りがいろいろに回っている感じで。だから、かわらず寡黙でかっこいい朝田龍太郎が存在しているっていう感じですね
ちなみに、荒瀬@阿部サダヲは、あの金髪おかっぱ頭含めすごく好き。
特に、あの麻酔をかける時の「ひと~つ、ふた~つ、はいおちた!」のあのいい方が好き!(って変態じゃありませんので・・)
感想にもなっていない感想ですみません。


この秋クール、おしなべて面白いドラマが多かったです。

「フリーター家を買う」(火9フジ)
「ギルティ」(火10フジ)
「医龍」(木10フジ)
「SPEC」(金10TBS)
「獣医ドリトル」(日9TBS)

まあ、ニノ主演を抜きにしたって見ごたえという点では、一番は「フリーター家を買う」
(ましてや、ニノ主演ですもの)
そして、「SPEC」は訳わかんないんだけど、突っ込みどころ満載で、面白くってみちゃうドラマでした。

あとは、みな横並び?に面白かった。
(もともと、流れ星や黄金の豚は脱落しているので)
みたいドラマがたくさん!って思ったクールでした。

冬は、「バーテンダー」は当然視聴決定だけど。
あとは、何が面白いのかなあ。
草なぎくん&今井美樹さんの「冬のサクラ」(多分、草なぎくんのこれは号泣パターン?)
戸田ちゃん&三浦春馬くんの月9(どうかなあ~??)
松下さん&藤木さん&横山くんの「CONTROL」(ちょっと、ガリレオっぽい?)
織田裕二さんの「外交官・黒田康作」(織田さんは実は私的には今一つだけど、香川さんもでるしね)
このへんはとりあえずは初回チェック?

大河「江」は結構楽しみにしています。

なんか他におすすめありますか~?

2010.12.27 / Top↑
「獣医ドリトル」見終わりました。

秋クールは面白いドラマが多かったので、その中にあっては「普通によかった!」っていう感じでしたが、小栗くん主演のドラマとしては、かなりよかったんじゃないかと・・・。(上から目線で、スミマセン)

すごくぶっきらぼうで、獣医はビジネスだと言いきる鳥取先生@小栗旬 
でも実はすごく動物の事を真摯に考えているからこその言動で。私自身は犬とかネコって飼ったことがないんだけれど、ドリトル先生の考えていることってそういうことなのかといろいろ納得させられることが多々でした。

小栗くんのドリトル先生もカッコ良かったしね。
小栗くんって役によって全然別人のようにみえるカメレオンだから結構その時の役によっての好き嫌いがあったりするんだけど、ドリトル先生は結構好きかも。
(まあ、私の中でドラマの中での最強の小栗旬は、花沢類(花男)と佐野泉(花ざかりの君たちへ)なんですが・・・)

そして、今回は何かキャスト的にもすごくいろんなことをダブらせながら見ちゃいました。(邪道なんだけどね)

まず、今回相手役が井上真央ちゃんだったこと。
相変わらず、まっすぐで元気なキャラが似合う真央ちゃんでした。
そして真央ちゃんとの組み合わせといえば何と言っても、つくしと類。
花男1.2では道明寺×つくしと同じくらい、もしかしたらそれ以上に類×つくしにキュンキュンしていたので、この組み合わせ再びはとっても嬉しい。(特に、リターンズのつくしに対する類は最強だったので)

はじめはドリトル先生に反発していたあすか@井上真央が、だんだん魅かれていって。
最後、キスする?なんて接近しておいて(まあ、ストーリー的にはあそこでキスするのは強引すぎるが・・)おでこパチンのシーン、なんか見た目もキャラも違うけど、一瞬類を思い出しちゃた。

そして、もう一人成宮くんと共演だったこと。
今回の花菱先生はすごく真摯でまじめで好男子で、それでいて手術に対してトラウマをもっていたり、ある意味普通にちゃんとした人な設定で、成宮くんにいっちゃっているキャラを求めている私としては、ちょっとまっとうすぎやしないかという気持ちもなくはない。(高校教師のホスト役とか、ブラッディマンデイのJ役が好きなので)
でも、「ごくせん」のうっちーと野田(そして、ここではもちろん潤くんが仲間にいて)、「Stand up!!」のコーくんとウダやん(そして、ここではニノが仲間だった)が、ドリトル先生と花菱先生に成長していて・・・・全然本筋とは関係ないんだけど、なんかそんなことを考えるとちょっと時間の流れがいいなあなんて感じられて(2人とも、かっこいい大人に成長したよね)
小栗くん×成宮くんということでいえば、この2人が共演した蜷川シェークスピアの「お気に召すまま」のオーランドーとロザリンドがとっても好きなので、私にとって、とにかくツーショットでみれることが嬉しい2人でもあります。

もう、完全にドリトルはどっかいっちゃってますね(笑)

小栗くんは、今は完全に舞台モードにはいっているんだろうな・・・・。
来年1月は、小栗くん舞台の券がとれているのでそれがとっても楽しみ!


2010.12.22 / Top↑
「SPEC」最終回、今日みました。
面白かったわ~。
そして、あの最後のふりは、映画化ありっていうことでよろしいんでしょうか?

「ケイゾク」はみていなかったんですよ。
だから一瞬見るのどうしようかなとも思ったけれど、初回見たら面白くって視聴決定!フリ家とは別の意味で毎回楽しみなドラマでした。
そもそも、みはじめは、ほとんど予備知識なしで見始めたから面白いけど「?」もあちこち山ほどで、次々の展開が全然読めなくて。
最後も、まさかそうきたのって思ったもの。
地居@城田優が、あのままの扱いで終わるのかと思っていたら、まさかの黒幕!
それも、結局はストーカー男!
それも津田○号だったって、どっちがホントの姿??
一十一@神木隆之介のSPECもまさかそういうことだったの??って

そして、最後もさすが姉弟。当麻があのSPECをもっていたなんて

美鈴@福田沙紀のSPECも最後、記憶をとりもどさせて状況を理解するのに、あれじゃなきゃってものでしたものね。

はたして、一十一もホントに死んでいるのか?
津田(地居?)と当麻の対決はどうなるのか?
瀬文@と当麻のコンビをもっとみた~いとか・・

いくらでも続きが楽しみにできそうな感じですよね、
そして、できれば番外編ででも、地居が一十一をみつけて、姉弟の記憶をぬりかえたりするところもふくらましてやっていただけると嬉しい。

うちでは、全然本筋とは関係ないんですけど、最後瀬文が歯を飛ばして地居の額に突き刺さるところ、あの展開に親子して大受けでした(なんちゅう、親子だ!ですけれど)

そして、戸田恵梨香さま、もとから結構好きだけど・・あの振り切れ具合よかったわ~。
コードブルーのお医者さんより私的にはこっちのキャラの方が魅力的よ(笑)
あの餃子にがっつくとこといい、あの昭和感漂う白靴下といい、頑張ってたよね~。

加瀬くんも、うまいよね。相変わらず・・・

そして今回拍手したかったのが、竜雷太さま
いつも、強面のかたい感じの役でお見かけすることが多いんですが・・・、
今回はまたお茶目な面をいろいろみせていただけて、可愛かったわ。


いやぁ、面白かったです。映画化、たのしみ(って、もう映画化ありの前提になっている! 笑)

2010.12.19 / Top↑
「龍馬伝」終了しました。
最初に書いたっきり、全然書いていませんでしたけれどずっと継続してみてました。

私、割合歴史は好きな方なんですが(歴女とはとってもよべませんけれど・・)
でも私にとって幕末っていうのは、かなり空白地帯で。
もちろん坂本龍馬という名前は知っていたけれど、でも細かいことまでは良く知らなかった。

でも、今回この龍馬伝をガッツリ見たおかげで、坂本龍馬と彼を中心とした幕末の流れがよくわかったわ。

そして・・・

坂本龍馬ってメチャメチャ、男前な人だったんだなって思った(もちろん、福山龍馬に影響されていることは確かですが・・、ヴィジュアルって言う話ではなく、すごくフラットな意識を持っていて、行動力があって、情にも厚くて。
歴史上の人物とはいえ、熱烈に支持される人だっていうことも頷ける。


とはいえ、もちろん福山龍馬、ステキでしたね~。
ホントにかっこよかったよ。
登場人物としては、いろいろ魅力的な人物も多かった。
岩崎弥太郎@香川照之(私のごひいきです)は存在感はハンパなかった。あの小汚ない、頭はいいけど、どこか小物で喜怒哀楽が激しくて、意地っ張りで。龍馬がなんかとっても理想的にステキなのに比べて、なんて人間的!っていう人物像でしたけれど、思わず見入ってしまう感じはあった。
かっこよかったのは、高杉晋作@伊勢谷友介 あの断髪と、ちょっと線が細くてな感じがステキ。結構出ていた期間が短めだったのが残念です。
後、存在感があったのはやっぱり武智半平太@大森南朋 武智半平太自体は決して私好みのキャラではないけれど、人間の性(さが)を感じさせる人物像だったなあって思います。

女性陣は、男性陣のかっこよさに比べると若干華やかさに欠ける面はあるけれどこれは設定と時代のせいですものね。
でも、 時代の一面を切り取るようなキャラとして登場していてそれぞれに印象的。
お龍@真木よう子 SPの時と全然違っていて、この人もカメレオン女優さんなんだなって思ったわ。でも、かなり地味だったよね。でも、強さは感じたけれど。
華があったとすれば 加尾@広末涼子の方が時代と周囲に翻弄されて悲恋に終わってしまって、ひきつけられる感じがしました。
お元@蒼井優は好きな女優さんていうこともあるけれど、キリシタンでそれでいて奉行所のスパイもしていて、哀しさとたくましさを感じる役柄でした。

来年は、「江~姫たちの戦国」
戦国時代の浅井三姉妹を中心にした話。
時代的には、好きな時代だけれど、どうでしょう??
まあ、とりあえず第1回はチェックかな。
2010.12.01 / Top↑
10月もあと1週間、秋クールのドラマももうほとんどスタートしました。
オンタイムでみれることもあれば、2,3日遅れてみることもあったりして、フリ家以外はレポも書いていませんが、今クールは結構見たいなと思うものも多くって(好きな役者さん達が、出ているものが多いんですよね)1回めはかなりの本数みました。

ちょっと曜日ごとに一通りみおわっての現状ご報告

月9(フジ) 「流れ星」
優先順位は私の中では、かなり低かったんですけれど、悪キャラの吾郎ちゃんをみたくって、とりあえず第1回目はチェック! 竹之内さん側も、上戸彩ちゃん側も不幸のてんこ盛りな展開で、結構見入っちゃう感じではありましたが、今期は見たいものが多いので、続くかなあ・・・っていう感じが自分の中ではしている。
吾郎ちゃんの、お金にだらしなく、妹を踏み台にしていることに何の抵抗疑いもないお兄ちゃん こういう役の吾郎ちゃん、いいなあ。もともと吾郎ちゃん好きなので、吾郎ちゃんドラマは結構チェックしている方なんですが、最近主役にこだわらず、色んな役柄をやってくれているのがいいなあって思います。NO2くらいのちょっとひねりのある役が面白いなあって思うので。

火9(フジ) 「フリーター家を買う」
ニノちゃんドラマだから、私の中では今期最優先のものだったんですが、1話見終わって、たとえ嵐ファンでなかったとしてもドラマとしても面白かったので嬉しかった。
シリアスだけど、いろいろなことを感じさせてくれて、今後が楽しみです。

火10(フジ)  「ギルティ」
菅野美穂さん主演のものは、とりあえず1回目はチェックするのですが。本来の優しい性格と、罪をかぶせられた過去への復讐に燃える2面性がよくて、継続中です。玉木さんもかっこいいよね~。
玉木さんに関して言えば、すごく好きな感じの時と、そうでもない時とかなり差があるんだけど(笑)今回の玉木さんはいいですね~。吉田剛太郎さんがドラマにでられるので、なんか新鮮で、吉田さんの舞台にいつも魅せられている私としては、今後もっとキャラがどんどんでてくることに期待してます(あの天パっぽいのは、どうかと思うけど)

水10(日テレ) 「黄金の豚」
余りに本数が多いので、もうこれはいいやって思っていたけど、篠原涼子さんと水10の組み合わせは好きなことが多いし、とりあえず1回目はみました。
普通に面白かった。大泉さんと篠原さんの、あの関係性「ハケンの品格」を思い出した。
もたいさんとか、山口さんとか、生瀬さんとか、宇津井さんとか脇の方もいいので、続くかも。

木10(フジ) 「医龍」
これは、ずっとこれまでシリーズ見ているんでやっぱり見ようかなって思って。

金10(TBS) 「SPEC」
これ見始めると、やめられなくなるのよね。戸田恵梨香ちゃんも体張って頑張っているし(笑)加瀬さんも面白いし。

日9(TBS) 「獣医ドリトル」
この秋からフジは、ここにドラマぶつけてきましたね。
私としては、小栗くんだし、成宮くんだし、井上真央ちゃんだし、キャスト的には絶対見たいと思う組み合わせ。
結構真面目なドラマで、動物達の関して「そうなんだ~」と知ることも多いです。面白さ的にはまあまあなんだけど、出てくる動物達が結構達者で、すごいなあと思いながらみちゃってます。
いい人パターンの成宮くんは、吉と出るか凶と出るか、私的には半々なんですが(いっちゃってる、J見たいな役をやってくれるのが一番好き)
でも、小栗くん×成宮くんは嬉しいです。
今日の回は、マッスーがでてましたね。


というわけで、好きな人がたくさんでているので、見たいものが多くて。
もう少し別の時期に分散させてくれてもいいのに。(場合によっては見たいと思うものがほとんどない時もあるので・・)
途中脱落の一番の原因は、時間かもしれませんね。
2010.10.24 / Top↑
私の中では、夏ドラマ全部完結です。

今回、「夏の恋は虹色に輝く」のほかに完走したのは、「ジョーカー」「ホタルノヒカリ2」「うぬぼれ刑事」の3本。

★ 「ジョーカー 許されざる捜査官」 火9
一番最初の期待度は低かったけれど、どっこい面白かったです。
堺雅人さんはかっこよかったし、錦戸君、ああいう役どころいいですね。
もっとくせがある感じでも面白いんだろうけれど(あのストーカー役みたいに!?)
でも、ちょっとアウトローっぽいけど実は熱くて優しくて軽さがあってという感じ、久遠はとっても魅力的でした。
杏ちゃんは、ベタっとした感じがないのがいいよね。
ちょっとあのJOKERの設定はあまりにも現実離れしている感じで、若干の無理は感じるものの、面白かったです。

先週の終わり方をみた時点で、これはこの後、ひっぱるつもりだなっていうのがみえみえだったけれど、今日のスペシャルをみてさらに確信。だって、最後の久遠と伊達さんと、課長(もとですね)の3ショット、次へのふり以外のなにものでもないものね。

連ドラで第2シーズンか、SPか、映画か、私は第2シーズンが春あたり?なーんて睨んでいるんですがどうでしょう。


★ 「ホタルノヒカリ 2」 水10
夏虹の並ぶくらい今回期待大だったんです。
まあ、もともと藤木さんファンだったっていうこともあるし・・・、1がすごく面白くて大好きだったので。
面白かったけれど・・・、
なんかホタルとぶちょおだと、今一つキュンキュンしないのはなぜかなあ。
瀬乃くんとの方がキュンキュンしちゃうのよね。
そういう意味では、もっと瀬乃くんにがんばってもらってもいいくらいだった(笑)
今回、山田姐さんと二ツ木さんのカップルの話が実はすごく好きできになって、いろいろ悩みながら試行錯誤する山田姐さんに結構感情移入しちゃって、ふたちゃんの頼りないけどありのままを受け入れてくれる優しさにいやされていました。
藤木さんが私にとって一番ツボだったのは「初体験」の房ちゃんと「ラブレボリューション」の須賀さんで、2のセンにも3にもいくぶちょおは、すごく魅力的で愛すべきキャラなんだけど、あまりにも頼りになりすぎる感じで危うさがないのよね。
でも、今期安定して、笑ってキュンとなれたドラマでした。



★ 「うぬぼれ刑事」金10
これ、1話目を見た時は、ちょっとゆるすぎてみようかどうしようかってちょっと思ったんですが、まあ週末に流して見るにはいいかなくらいでみていたら、みているうちにはまってやめられなくなってきた(笑)
私にとって、クドカンは1,2話を無事に超えると蟻地獄状態です(笑)

長瀬クン、すごいね。私、実は長瀬くんのドラマってあまり得意な方でなくて見続けたものが少ないんだけど、今回長瀬くんの魅力が分かった気がしたよ。
あの、うぬぼれをあそこまでちゃーんと演じきれちゃう長瀬くんって!!!って思いました。

あのバーに集う面々もはじめは若干鼻につくかと思いきや、もうあの「ヘイヘイヘイヘイ」がみたくてしょうがない(笑)
あと、埠頭で逮捕する時の白タキシードのうぬぼれのダンスもね。
(最後は、みんなでやってくれるサービスぶり!)
要潤さんはシリアスもコメディも達者だし、斗真くんは基本コメディやら振りきれている感じの役の方が私は好きなのでサダメは好きでしたよ。

荒川良々さん、中島美嘉さん、西田敏行さんはじめ、キャラだちしているクドカン脚本だけあって、どこを切っても楽しそうだった。
ストーリーは、はじめちょっとマンネリって思ったけれど、なんか途中からちょっとづつ変化球を出していってくれて最後まで楽しく見れました。

秋クールは・・・
ニノのフリーターと、小栗くんのドリトルは絶対見ると思いますが、あとはどうしようかなあ。
フリーターの番宣はいってましたね!

フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
(2009/08)
有川 浩

商品詳細を見る
2010.09.22 / Top↑
今回の話は、「ビバ!専業主婦」

専業主婦は、3食昼寝ビールつき!?と勘違いしたホタル(綾瀬はるか)の主婦業奮闘記!
結局、ちょっと立ち止まってみたら、等身大のホタルに完璧な専業主婦はムリ、自分らしさをだせる仕事を続けたいっていう結論に。

このシリーズ2、ぶちょお(藤木直人)よりも、瀬乃くん(向井理)のちょっとした優しさにキュンってくる私です。
(シリーズ1は、全然マコトくん(加藤和樹)には何も感じず、ぶちょおの見守る優しさに癒されていたんですけれど)
やっぱり、黙って見守ってさりげなく助け舟だしてくれるそんな相手がほしいのかなあ・・・(は? ですよね)

今回ちょっと、ぐっときたのは自分の手には負えなかった不動産やとの交渉をまとめあげたホタルや後輩女子達の姿をみた山田姐さん(板谷由夏)の反応。
ひきどきかなあ、ふたちゃん(安田顕)と結婚したら、専業主婦になろうかなあって。

山田姐さんの年齢設定ってちょうど35くらい?
このくらいの年齢って、ゆれる時だよね。
ある程度仕事もできて、それなりの仕事を任されていて。でもそれだけにさらにその上を目指していくのか、結婚とか子どもとか、その他のことももっと視野に入れて考えるのか、その辺のさじ加減をどうしていったらいいのかも迷う。
仕事にしたって、このまま今の状態のままいっていいのかとか、いろいろみえてくるだけに考えるよね。

動揺したり頼りなかったりするけれど、山田姐さんの考えを尊重してくれるふたちゃんみたいな人がそばにいてくれて、山田姐さんはホント幸せだと思うよ。

そして・・・、
ラストはぶちょおの「結婚は考えなおそう」のひと言。
もう一度さらになって、頭を冷やして、自分のこと結婚のこと考えた上で結論をだそうっていう、ぶちょおのあたたか~い気持ちからなんだけど(大人だよね)、さてどうなるか楽しみです。

ホタルノヒカリ2 #1 ・ #2 ・ #3 ・ #4

2010.08.06 / Top↑
今回のお題は「ラブラブ」

今回は、ホタル(綾瀬はるか)の気持ちが切なかった。

小夏(木村多江)の娘、千夏(石井萌々果)は、ホタルに「夏休みの思い出にぶちょおさん(藤木直人)を貸して」とお願い。てっきり、千夏ちゃんとぶちょおの2人旅での箱根旅行かと思ったら、けっこう小賢しい知恵のまわる千夏ちゃん、大人たち達には黙ってちゃっかり、ママの千夏さんも加えた3人旅をセッティングしていたんですね。

そもそもラブラブってどういう状態なのかもわからないホタルのとんちんかんな様子は、おかしかったしかわいかったけれど。
小夏さんが実は旅行に同行していることを知って、そしてぶちょおがメールでうそついているのを目の当たりにして、でもぶちょおとの約束だからって真剣に嵐の中雨戸をしめようとして、そしてあげくには怪我をしたぶちょおを心配して、山小屋まで行って見たくなもの目撃しちゃって、あくまでもぶちょおを信じようとするホタルの様子が切なかった!

でも、今回なんといっても瀬乃くん(向井理)にキュンキュンしちゃいました。
前回までの流れでホタルが好きなんだなあとは思っていたけれど、まさかの同棲発覚!
そして、一連のホタルの行動を見守る中で、ホタルが本当にぶちょおを好きなんだっていうこともわかって、そしてちゃんとホタルに対してはフェアな態度で応援するよって!
でも、最後の最後にぶちょおに宣戦布告してましたよね。
これからの、瀬乃くんの動きから目が離せないわ!

そして、今回もまた山田姐さんとふたちゃんのペアTシャツに目が釘付けでした!

ホタルノヒカリ2 #1 ・ #2 ・ #3
2010.07.31 / Top↑
今回のホタル(綾瀬はるか)の結婚にむけての課題は「我慢」
心因性じんましんの原因がゴーヤだった(まあ最終的には、ニャンコのダニだったっていうおちだったけど)というのには大爆笑でした。
そして、庭にうずくまって、ゴーヤ炒めの入ったフライパンを抱えてゴーヤを口いっぱいに頬張るホタルにも。
綾瀬はるかさん、こういう役いいですよね。かわいいけれど、一生懸命で嫌な感じが全然しなくて、とことん3の線で。
そして、ぶちょお(藤木直人)とホタルを見守る、山田姐さん(板谷由夏)と二ツ木さん(安田顕)のペアが今回も最高でした。まずそもそも、あのヘンテコリンな似顔絵つきの黄色いTシャツに笑ってしまったけれど・・・、山田姐さんの姉のような頼りになりっぷりもいいし、ぶちょおにも食べられるゴーヤ料理を作りに来てくれる二ツ木さんの男の友情もいいのよね。

ホタルのことが何となく気になっていた瀬乃くん(向井理)、ホタルが男性のお高さんと一緒に住んでいることがわかってそれも、結婚をかんがえていることがわかって、なんとなくがっかり。
瀬乃くんのことが好きな美香(臼田あさ美)は、雨宮先輩に負けたくない!っていうのはわかるけれど、何でお高さんがどんな人か調べに行きたいと思うのかしら・・??
でも、瀬乃くんと、美香でホタルの家にやってきちゃったから、来週は前半の山場かしら?
瀬乃くんが、ホタルとぶちょおの家に泊まってっぽかった来週の予告が気になる~。

ホタルノヒカリ2 #1 ・ #2  
2010.07.23 / Top↑
水曜日のドラマなんですが、やっと今日みれたんでちょこっと感想だけ。

ぶちょお(藤木直人)とホタル(綾瀬はるか)の結婚にむけての今回のテーマは節約。
ホタルは、あまりに使いたい放題だから、ぶちょおに「節約もできない女とは結婚できない」って喝を入れられて。(あーあ、頭がイタイ言葉だわ!)
でも、予算が半分になったしまった商店街イベントはボツにさせず頑張って成功させました。

謎の美女小夏さん(木村多江)の正体は学生時代からの友達で、お店開店のための相談をいろいろぶちょおに相談していたんだということが判明。ぶちょおのことをパパ呼びしていた子ども(石井萌々果ちゃんなのよね)も、本当のパパはもう死んじゃっているけれどぶちょおのことを単にパパ呼びしているだけと判明(よかったね、ホタル!)でも、小夏さん一応全部事情は承知しているものの、ぶちょおのこと好きよね。

一方、ウザイといいながらも、ホタルの優しさ、一生懸命さが気になる瀬乃くん(向井理)
商店街イベントでぶっ倒れちゃったホタルに真っ先にかけよったり、ホタルをイベリコ豚を食べるのに誘ったり。
ぶちょおも瀬乃くんのホタルへの対応が気になってきている。
今回は、ちょっと嫉妬するぶちょおを見れるのかなあって思うとそれも楽しみだわ。
(また、ホタルは例によって、コイゴコロにとっても疎いしね)

ホタル×ぶちょおの話の話と並行してすすむ、かっこいい山田姐さん(板谷由夏)とダメダメ二ツ木(安田顕)さんの大人の恋愛話が、かなり好き。二ツ木さん告白できないよね。山田姐さんも自分からは踏み込めない。
彦左衛門が夢物語に終わった今、また振り出しに戻っちゃったよね。

全然、みるのが追いつかないのですが、今日もヒガシさんのGMとりあえず第1回目だし、録ってみようって思っています。


ホタルノヒカリ2 公式HP
2010.07.18 / Top↑
次々はじまるドラマになかなか、即キャッチアップとはいえない状態だったけど・・・
現在「ホタルノヒカリ2」は、単独でレポ書いたくらいだから絶対みます!!(といっても、昨日のはまだ見れていないし。できれば遅くなっても感想書きたいなって思っていますが・・・)

木10「GOLD」
天海祐希さんだし、とりあえず見ておこうと思って、第1話みました。
長澤まさみちゃんの新人秘書が、いい味だしていて、かなり好き。
ビ-チャイの子どもたちに金メダルをめざさせる早乙女悠里サマ(天海祐希)のメインストーリーが結構へビーそうな感じがする中で、何かほんわかして清涼剤!?
いろいろ伏線だらけのような気配はするので、とりあえず次もみるかなあ。脱落しそうな気もするけれど・・・。


金10「うんぼれ刑事」
クドカンだしね、×長瀬くん×斗真くん ということで、第1回は絶対みようと思っていたけれど・・・・
ものすごくはまったかといわれれば微妙だけど、
ストーリーはともかく、あのうぬぼれ4と長瀬くんのバーの部分が笑える~。
まあ、あの濃いキャラ達に期待して、みるかなあ。
ゆるゆるみれそうだしね。


火9「ジョーカー 許されざる捜査官」
堺雅人さん主演だし錦戸くんもでるしということで見ました。
堺さんの「仏の伊達」の優しいほんわかした表情と、その裏にある怒りとのその表情がみれるだけで、視聴決定!
今回、犯人役を演じた細田よしひこさんっていうんですか。木内役の人、狂気がホントいっちゃっていて、みごたえありました。うまいなあ。

という感じです。
月9の夏虹はこれから・・・
これは、潤くん主演、大森美香さんだし、感想毎回アップします。
楽しみ!
2010.07.15 / Top↑
これは、今期絶対見ようと思っていた一つだったんですが、やっとみれた~。
(っていうか、新ドラマ録画はいくつかしているけれど、全然見れてません。2回目までに、キャッチアップできるのかなあ)

干物女のホタル(綾瀬はるか)とぶちょお~(藤木直人)、今回も面白かったわ~。
前回の時から、3年が経過して、ホタルは何と香港の大きな再開発プロジェクトに参加するんで、3年間香港に行っていてこのたび帰国。でもその間、ホタルからは、はがき1通のみ。
ぶちょおは、メールも送っていたし手紙も送っていたみたいだったのにね。(ぶちょお健気だったのね)
でも、ホタルは一度に複数のことはできないから、ぶちょおがいてくれることを心の支えに仕事に没頭していた3年間でした。

帰国して、仕事は頑張っているけれど、恋の方は??
ぶちょおは結婚を考えていたみたいだけど、謎の女性(木村多江)はいるし最後はパパ呼びしていた子どもはいたし??
ホタルの方も、瀬乃くん(向井理)登場。(向井君、ホントあっちこっちでひっぱりだこですね)

山田姐さんと、二木さんが1に引きづづき健在だったことは嬉しかった。(それも、この2人この3年の間にくっついたり離れたりしていたって!)

このホタル役の綾瀬さんはすごく好き。
そしてぶちょお役の藤木さん。
一時、藤木さんにメチャメチャはまっていた私としては、この役の藤木さん大好きですよ。
(若い頃の、かっこいい2枚目役はもちろんよかったけれど)こういうちょっとくせのある役好きです。

これから、水曜日は楽しみだわ

ホタルノヒカリ2 公式HP
2010.07.11 / Top↑
もう、昨日くらいから夏クールのドラマ始っています。

というわけで、かなり時期外れではあるんですが・・・、
やっと、この月曜日に「月の恋人」が終了したので、この春みていたドラマについて一挙にまとめて・・・。
(「月恋」だけずれているから、なんかすごくまのびしちゃった)

この春ドラマで、とりあえず全部見れたのは、

「月の恋人」(フジ 月9)
「チームバチスタ ジェネラルルージュの凱旋」(フジ 火10)
「素直になれなくて」(フジ 木10)
「怪物くん」 (日テレ 土9)
「新参者」 (TBS 日9)

「怪物くん」は、大野くん主演だし、ドラマとしても予想をはるかにこえて大満足だったのは散々書いたとおりです。  →怪物くん最終話

「新参者」については、最終回の時に感想をかいたので、よければそちらを →「新参者終了」

「チームバチスタ」については、白鳥さん@仲村トオル&グッチー@伊藤淳史のコンビはもちろん速水先生@西島秀俊がステキでかなり楽しみにみていたんですが、なんと最終回を録り損ねたという大失態ですごく中途半葉な尻切れトンボな結果に。ここで、完全にケチがついて、それ以上書く気がおきなくなっちゃった。


というわけで、今まであまり書いていなかった「素直になれなくて」と「月の恋人」の恋愛ドラマ2作品。

「素直になれなくて」
はじめはTwitterを使った新しい繋がり方や恋愛っていうことをすごく強調していたのかなあと思うけれど、最後の方は、割合オーソドックスな恋愛もの。
脚本北川悦吏子さんで、やっぱり青春群像的、恋愛王道ドラマっていう感じはしたけれど・・・、
なんかみんな優しくて、傷つきやすくて、もろくって。まあ、今がそういうことなんでしょうね。

中心人物の5人、ハル@上野樹里、ナカジ@瑛太、ピーチ@関めぐみ、ドクター@ジェジュン、リンダ@玉山鉄二のうち、個人的好みもあるけれどどうしてもリンダが気になる私でした。

あと、挿入歌の菅原紗由里さんの「素直になれなくて」結構好きでした。
(全部ちゃんと聞いていないので、ドラマに使用していた部分だけの話ですが・・)


「月の恋人」
久しぶりの木村くんのもろ恋愛ドラマで、どうかなあという気も私の中に若干あったんですけれどみせてしまうところはさすが木村くんでした。
レゴリス社長の時は、結構嫌なカッコつけた奴でしたけど、ラスト2回すべてを失ってからの方がかっこよかったわ(まあ、そういう脚本なんだと思いますが)
女性3人、真絵美@篠原涼子、シュウメイ@リン・チーリン、ゆず@北川景子はよかったわ。
中でもリン・チーリンさんきれいですね。可憐で清楚で、でも場面によっては妖艶な感じも出せて、見ているだけで癒されました。
とはいっても、終始、私的には真絵美さん視点でみていた感じかなあ。もう、いかにも篠原涼子さんのはまり役っていう感じの役柄でしたが、まあ基本篠原さんのドラマ好きなんで(anegoとかハケンの品格とか)こう来るだろうなっていうパターンに気持ち良くはまってくれたっていう感じでしょうか。

でも、ラスト1、2回で、みんないい人になっちゃった感はありましたよね。最後風見くん@松田翔太まで、いい人になっちゃって!!
まあ、気持ちよく終われていいっていえばいいんだけどね。

松田翔太くんと阿部力さんがセットででていて、(オオッ花男!)なーんて初回の頃は思ってしまっていました。


夏クールはどうかなあ、
夏虹はマストとして・・・、ホタルノヒカリ、長瀬くん&斗真くん×クドカンは見ようと思っていますが、あとを何やるのかなあ。
2010.07.07 / Top↑
「新参者」、20日で最終回でした。
面白かったわ。

今回は、阿部寛さんをはじめ、三浦友和さん、笹野高史さん、そして泉谷しげるさんと渋いおじさま達がしっかり引き締めた感じでしたよね。(阿部寛さんを、おじさま扱いするのはちょっと抵抗があるかな・・でも若者ではないものね)
向井理くん、溝畑淳平くん、黒木メイサさん達若手がも先輩達の胸を借りてなんか肩の荷軽くやっている感じに思えました。

各回ゲストとして、チョビチョビでていた方達も達者な方達が多くって、それも毎回楽しみでした。
特に1回目ゲストの香川照之さんが、最終回でちょっと顔見せしてくれて、それもまあおまけのような楽しみでした。

原作を読んでいないから、原作とのギャップはわかりませんが、加賀恭一郎@阿部寛は、独特の存在感がありましたね。(一歩間違えば、ストーカー!? 爆)
阿部さんって、絶対にひと癖ふた癖ある役の方が面白いから、そういう意味でははまったキャスティングで面白かった。(結婚できない男の阿部さんとかすごく好きです!)
あと、最後のおちはよかったですね。
岸田親子が、容貌では全然似てないけれど(笑) すごく息子に対して「ええかっこしい」の似たもの親子だったっていうところ、そして最後の殺された三井峰子@原田三枝子の遺稿のあとがきにかかれた家族への思い、このあたりはちょっとウルウルでした。原田さん、毎回回想シーンでの登場ですけれど、やっぱり存在感がありますよね。

それにしても、三浦友和さん、おいしいところを持っていったなあ。
たぶん、何度も書いているかもしれませんが、三浦さんって大昔2枚目で通っていた頃は何の興味もわかなかったし、どちらかといえばかっこいいかもしれないけれど苦手な感じだったんですが。
年齢を重ねてからは、見るたびに好きな俳優さんになっていっているように思います。
これをみながらなんか流星の絆の三浦さんをちょっと思い出しました。
(ニノと最後向かい合うシーンも迫力あって良かったなあって)

今回、人形町が舞台で水天宮は甘酒横丁やなじみのところが多かったのもちょっと楽しかったかも。
人形焼きやさんとかね。

視聴率も15.22%とそこそこキープですね。
初回が20%ごえだったことを考えるとかなり中盤は落ち込んだ感じですけれど、でも最終回18.0%だったことを考えるとまあ、最後で盛り返した感じ。
確かに、最後清瀬親子の話、そして岸田親子の話あたりからなんか緊迫感がでてきて、しっかり見たいなっていう気分が強まってきたかも。

今回、主題歌が山下達郎さんでした。
街物語 達郎さんらしい感じの曲でした。
ドラマのタイアップがついた影響もあるのかなあ、達郎さんの秋のライブ、チケットとれないんですよね(ふ~っ)
潤くん、またタイミングが合えば行きたいって言っていましたね。

2010.06.22 / Top↑
今朝のニノちゃんの動く水野様姿お目にかかれませんでした(涙)
めざましでやってたみたいですね
昨晩寝る時にとりあえず、ズームにはって寝たんだけどズームはやらなかったよね。

ドラマは、局がわかるからはるのは簡単だけど、映画はよくわかんない。
今ちらっとみたら、TBSが制作の中に入っていたけど、朝ズバではやっていたのかなあ。
まあまた動画をみてみてようかなあ・・。

ということでこの後はアラシゴトではありません。

先日、別の記事を書いていた時、そうそうそういえばこのブログって、もともと観たドラマや映画、行ったライブやステージなどなどの記録とひと言感想みたいなものを手書きで書き留めていたものを、ブログに移行させたことからはじまったんだわという初心を思い出しました。
(今は、9割かた嵐ブログだものね。それはそれで自分的にはOKなんですが・・・)

映画、ステージ、ライブなどは、一応感想は書いていっているのですが、家でテレビでみたものはかなりいい加減な見方をしたものも多くて、書いたものもあれば流しているものもあって。でも、自分の記憶(記録?)にこの時期どんなものに接していたのかくらいはメモっておきたいなあと思いました。(以前の手書きノートでも、題名くらいは書いてあったりしたしね)

ということで、いくつかまとめてメモろうかと思います。
(って別にブログじゃなくて、手書きのメモに書けばいいじゃないって話だけど、手書きでメモるのもいまさら面倒だし、なんか一つにまとめておきたいっていう気持ちもあるので)

... 続きを読む
2010.05.27 / Top↑